M伝説

私の会社のMさんについて書いています。Mさんはとっても変わったおじさんです。どうやって今まで生きてきたのか不思議です。そんなMさんの観察日記です。

仕事

経費の無駄遣い

大企業の重役さんは運転手付きのクルマで移動します。


テレビドラマの世界の話だと思いきや、実際にそのようです。


場合によっては出社もご自宅までお迎えのクルマが来るそうです。


Mさんは東京出張時に、その光景をまのあたりにしました。


これって非常に経費の無駄遣いと思います。


その前に、わが社にそんな都会の大企業の顧客なんか数えるほどしかありません。


実際に数えるほどあるのが自慢ですけど。


中小零細企業の経営者にとっては、夢野のまた夢です。


そもそもオーナー社長はお金にうるさい。


そんな経費の無駄遣いはしないでしょうね。


運転手の人件費がばかばかしいし、移動専用車に軽自動車というわけにもいきませんし、それなりのクルマが必要でしょう。


大企業の経営者は自分のお金ではないから、そういうことができるものと考えます。

3

リアリティーなし

年齢、性別、職業、いっさい関係なく、いっしょうけんめいガンバっている人は、みんな輝いています。


その姿は美しい。


そう思います。


ただ、Mさんがこういうことを後輩の前で口にしました。


ものすご~くリアリティーに欠けるんです。


笑ってしまいました。

人妻秘書

Mさんはまた東京へ出張しました。


数少ない大手法人顧客の応接室に通されました。


案内してくれたのは、加藤綾子似のスーツ姿の女性秘書です。


その女性秘書は結婚指輪をはめていました。


だから・・・・・?


Mさんの話は美人の人妻秘書のことばかりです。


Mさんの口から発せられる人妻秘書という言葉が、妙に卑猥に聞こえてしまうのはわたしだけでしょうか。


普通に結婚した女性が秘書のお仕事をしているだけのことと思います。

高沢のおババ

Iさんはわたしのことを「高沢のおババ」と呼んでいるらしいです。


オメーのほうが年上だろ!!


社歴が長いだけに、妙に貫禄があるそうです。


今は営業事務も担当しているので、みんなと接触する機会も多いですからね。


しょうがないところかなと思います。


他の子に同様の言い方をしたら、大きな社会問題になりますよ。


注意してくださいね。


最近のIさんからはS美さんの話が出てきません。


どうしちゃったのかな・・・・・?


捨てられた?

Mさんの出番

本日は実話です。


訪問先の法人顧客のオフィスで、こともあろうに殴り合いのケンカをしたおバカさんたちがいます。


この非常事態を丸く収めたのは、顧客の社長さんです。


あきれてものが言えません。


1人は目の周りが痣になりました。


見た目が悪くて、当分外回りはムリでしょう。


ケンカに至った経緯を訊いても、はっきりした納得のいく回答はありません。


顧客の社長さんから詳細を説明してもらう情けなさです。


Mさんはオレの出番と張り切っています。


またMさんの担当が増えてしまいます。


火消し役のつもりでしょうけど、こうやってMさんは担当を増やし、お給料を増やしているんです。
livedoor プロフィール
記事検索