M伝説

私の会社のMさんについて書いています。Mさんはとっても変わったおじさんです。どうやって今まで生きてきたのか不思議です。そんなMさんの観察日記です。

カテゴリ: 文学歴史

スポンサードリンク

今朝の大阪はたいへんでしたね。


被害に遭われた方々のご心労をお察し申し上げます。


こんな日に本ブログのクダラネー記事を掲載するのはいかがなものかと思いますが、なにとぞご了承ください。


紀州のドンファンこと野崎幸助氏が変死して、もうすぐ1カ月になろうとしています。


その後の事件捜査の進捗状況がイマイチつかめません。


故野崎幸助氏は享年77歳です。


若い頃からの女遍歴は壮絶なものらしいです。


美女4000人を抱いたと公言しております。


わたしは好きになれませんね。


実際に会ってお話してみないことにはわかりませんけどね。


野崎幸助氏は決して裕福な家庭環境で育ったわけではありません。


若い頃から苦労をして今の地位を築き上げたようです。


そこはご立派で評価に値すると思います。


野崎幸助氏がひと財産を築いたのは、コンドームとの出会いです。


今でこそコンビニでも販売されていますが、野崎幸助氏の若い頃はまだ珍しいものだったそうで、昼間のご主人不在のご家庭の主婦相手に実演販売を兼ねてセールスしたそうです。


それがバカ売れしたわけです。


実演販売というのが、なんとなく怪しいですね。


今の野崎幸助氏の風貌から察するに、若い頃はかなりイケメンだったと想像できます。


それが主婦層に受けたのかもしれませんね。


紀州のドンファンですか・・・・・。


弊社にも甲州のドンファンを気取っているおバカがいます。


我らがMさんです。


風俗は疑似恋愛の世界です。


勘違いしないでくださいね。


ドンファンはスペインの伝説上の人物です。


今ではプレイボーイの代名詞となっています。


同じようにプレイボーイの代名詞としてフランスのカサノヴァがいます。


両者ともご用が済んだ女性との関係を後腐れないように断ち切っていきます。


ドンファンは多少ゴタゴタ尾を引く傾向があったらしい説もありますが、カサノヴァはきっぱりと関係を断ち切ります。


2人の大きな違いです。


ドンファンはあくまでも美女にこだわりました。


そして、愛されることにこだわりました。


カサノヴァはどんな女性にも分け隔てなく愛して接していきました。


そのため、自ら女性を愛することに徹したカサノヴァにはスパイ説が浮上しています。


ドンファン系とカサノヴァ系とどちらのプレイボーイに溺れてみたいかと訊かれたら、わたしはどちらもNOです。


プレイボーイという言葉そのものがキライです。

スポンサードリンク

にほんブログ村 OL日記ブログ お気楽OLへ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
MさんとIさんはT君宅で時々夕飯を食べます。


3人で自炊です。


一人暮らしのわたしも誘われますが、ぜったい行きません。


不気味なお料理を食べさせられそうで恐ろしいのです。


3人の夕食時は、玄関ドアに必ず「ヨネスケ歓迎」の貼り紙をするそうです。


よくわかりません。


わたしは今宵もひとりファミレスで夕飯です。


大戸屋もあれば、やよい軒もあれば、まいどおおきに食堂もあります。


帰宅してお風呂に入り、ブログ更新をしてから、クルマで出かけます。


県庁所在地の大都会は何でもあってチョ~便利ですよ。


Mさんは「井の中の蛙大海を知らず」と笑いました。


東京や大阪によく出張っているからといって、都会を何でも知っているような言い方が気に入りません。


Mさんがご存知の都会のその種の分野など知りたくもないです。


「井の中の蛙大海を知らず」には続きがあるのですよ。


「井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さを知る」です。


「されど空の深さを知る」の深い意味を汲み取るべし。


バキュームカーではありません。
スポンサードリンク

にほんブログ村 OL日記ブログ お気楽OLへ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

昨日は科学忍者隊ガッチャマンのお話でした。



今日はベトナムのヒーローアニメのお話です。



その名はキンターマン。



ナニを言う!!




キンターマンはMさんの母国で流行っているアニメです。




ベトナムでは正義の使者です。




顔は竿の両脇に干し柿のような袋を2個吊り下げています。




エレクトすると竿から白い光線を放ちます。




それ以上言うな!!




ベトナムの人が聞いたら怒りますよ。

スポンサードリンク

にほんブログ村 OL日記ブログ お気楽OLへ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

昭和のアニメは実にむちゃくちゃな設定が多かったそうです。




今にして思えばね。




昭和時代に「科学忍者隊ガッチャマン」という名作アニメがありました。




この種の戦隊ものには必ず紅一点の女の子がいます。




科学忍者隊ガッチャマンもその例外ではなく、ガッチャマン3号の白鳥ジュンは女の子でした。




ジュンは日米のハーフです。




そこまではOK。




ジュンは16歳にしてスナック経営者の設定です。




ちょっとねえ~。

スポンサードリンク

にほんブログ村 OL日記ブログ お気楽OLへ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
Mさんはまた新しい顧客の担当になりました。


男性客です。


初代桂春団治に似ているそうです。


初代桂春団治といわれても、わたしにはわかりません。


1934年にお亡くなりになっていますから、おそらくMさんもナマの桂春団治を見たことはないはずです。


初代桂春団治
Harudanji_Katsura_I_Scan10004[1]


初代桂春団治は「浪花恋しぐれ」という楽曲のモデルにもなりました。


超破天荒な破滅型天才芸人として知られています。


今のネット社会に生きていたら、大バッシングの嵐であろう落語家でしょうね。

スポンサードリンク

にほんブログ村 OL日記ブログ お気楽OLへ 人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ