M伝説

私の会社のMさんについて書いています。Mさんはとっても変わったおじさんです。どうやって今まで生きてきたのか不思議です。そんなMさんの観察日記です。

カテゴリ: 生活

T君の彼女探しプロジェクトの話は、なぜか社内全体に広まりました。


あははははは・・・・・。


来週末にA子さんと初デートすることまで知れ渡っています。


さすがは大物です。


管理職2名から「ちょっと待った!!」の声がかかりました。


おれたちにA子さんを先に紹介しろというわけです。


2人とも妻帯者のオヤジです。


T君の純粋な恋愛初挑戦を茶化してはいけません。


さらに、法人顧客の社長からも「ちょっと待った!!」の声がかかりました。


この社長も妻帯者のオヤジです。


誰が噂を広めたんでしょうね。


あきれました。


今のT君は荒海に船を漕ぎ出したばかりです。


茶化すことなく応援してあげるのが人情と考えます。


T君はA子さんとおつき合いすることができるのか・・・・・。


                                    来週に続く

大谷翔平のメジャー移籍が濃厚ですね。


なんか寂しい。


日本のプロ野球がメジャーリーグの育成機関のように感じてしまいます。


巨人に移籍しないだけましと考えましょう。


MさんはT君に女の子との一線の越え方をホワイトボードに図解入りでレクチャーしています。


来週末のT君はA子さんと初デートです。


ホワイトボードをそんなクダラネーことに使わないでくださいな。


レクチャー終了後は必ず消しておいてくださいね。


文句言われるのわたしなんですよ。


わたしが書いたように思われてしまいます。


T君はニタニタ笑いながら、Mさんのレクチャーに耳を傾けています。


真剣度は何%?


あまりにおもしろそうなので、わたしもオブザーバーで参加させていただきました。


Mさんは絵が下手すぎ。


それにマニュアルが古すぎ。


今の時代にはそぐわない手法と感じます。


それにさ・・・・・。


男の最終目標は一線を越えることオンリィーですか?


デートはもっと楽しいものじゃないのですか?


一線を超えること以外にもっといろいろ楽しいことがあると思いますよ。


一線は今年の流行語大賞?


でも、ゲスすぎますね。


とにかく来週に乞うご期待です。


ちゃんと結果を教えてくださいね。


このブログで報告します。


たとえ初デートで一線を越えることはできなくても、家族写真の前でパンツくらい被らせてもらえ、とMさんはおっしゃっております。


またもMさんはわたしをT君のバーチャルデートの相手に指名しました。


イヤだ!!

慌てる乞食は貰いが少ない・・・・・。


iPhone8にしろiPhoneXにしろ、購入者のレビューを待ってからでも、機種変更は遅くないと思います。


最近のiPhoneは新型登場のたびに、不具合が露呈しますからね。


Mさんはノートパソコンで手にやけどをしました。


ホントですか?


古くなったPCは高熱を発します。


でも、やけどはないな。


そろそろ買い替えの時期ではないですか?


昔のPCと違って、今のPCの寿命は長くなりました。


それでも限界はあるはずです。


わたしは先だってHPのPCを購入しました。


長いこと愛用してきた富士通のPCの調子がすこぶる悪くなったためです。


下取りに出しての買い替えではなく、追加購入です。


国産PCと違って外資系PCは、不要なウザいソフトもなく、すっきりしていますよ。

T君の彼女候補が見つかりました。


もう・・・・・?


ずいぶんと早いですね。


Iさんの友達の友達がガールズバンドをやっています。


そのバンドメンバーでドラム担当の子です。


24歳でA子(仮名)さんといいます。


わたしよりも若い・・・・・。


SCANDALのリナをイメージしてくださいとのことです。

a8d0d63bd83e0fb53fded5d982fb4a77[1]

おいおい、それはないだろう。


T君にはもったいなさすぎ。


不釣り合い。


でも、恋愛は当人の意思ですからね。


とりあえず会うだけ会ってみればいいでしょう。


プロジェクトのリーダーMさんが、まずは品定めをすべく、A子さんと会うことになりました。


そんなことをしたら、まとまる話もまとまらなくなります。


Mさんたちはもめています。


そんなクダラネーことで朝からもめるな!!

T君は女性との交際経験がありません。


別に女性に興味がないわけでもありません。


女体には興味があります。


平気でMさんと風俗にも行くようです。


どうも生身の素人女性には抵抗感があるようです。


そこで我らがM班ではT君の彼女を探すプロジェクトを始動させました。


自称QCサークル活動です。


バカみたい・・・・・。


彼女くらい自分で探せよって話です。


わたしにT君のデートの練習台なってほしいそうです。


それもバーチャルな相手をM班は熱望しています。


ノーサンキュー。


そんなクダラネーことにつき合っていられません。


バーチャルな練習台は夜のベッドの中での相手も含まれています。


風俗ではお嬢が主導権を握っているので、T君は自力で穴を探すことができないのです。


ぜったいノーサンキュー!!

↑このページのトップヘ