今の時代は無数の仮想通貨が溢れています。


名前の浸透したものから、無名のうさん臭いものまで、いろいろありますよね。


この仮想通貨の歴史は意外と浅いのです。


仮想通貨の元祖といえば、ビットコインでしょう。

BTC

2008年からサトシ・ナカモトという人物がネット上に英文で発表し始めた論文に端を発します。


実際にビットコインの運用が開始されたのは2009年です。


数年後にブームが到来することを予想していたのかな?


コンセプトは力のある管理者のさじ加減で価値が左右される通貨ではなく、参加者全員で管理運用できる通貨の開発です。


つまり中央銀行の排除です。


サトシ・ナカモトの論文を低評価した人もいました。


でも、これはイケるんじゃないかと高評価を下した人も多かったわけです。


考え方としては、なるほどと頷けますよ。


現行の管理通貨制度下では、お国が景気の調整のために通貨の発行量を調節します。


そんな強い管理者を排除した通貨運用がビットコインの誕生です。


ビットコインが最初に決済に使われたのはピザ2枚です。


アメリカでプログラマーが10000BTCとピザ2枚を交換しました。


初めてビットコインによる商取引成立したのです。


そりゃもう大騒ぎですよ。


子供銀行のお金でピザを購入した感覚でいいのかしら?


ちょっと違うかな。


もう大事件ですよ。


当時のビットコインは1BTCが0.0025$でした。


日本円に換算すると、1円にも満たない計算ですよね。


そんなビットコインの資産価値が、やがて化け物のごとく急上昇していくのです。
スポンサードリンク

にほんブログ村 OL日記ブログ お気楽OLへ 人気ブログランキングへ