Mさんはセブンイレブンで1分間カップ焼きそばを購入しました。



今のカップ麺の製造技術では、1分間も可能なのだそうです。



というよりも、はるか昔から可能だったみたいですね。



かつて売り出された1分間商品がなぜ販売休止となったかというと、日本人の体質が3分間待つことに慣れてしまっているからです。



1分間商品を3分間待つと、麺がふやけてしまうわけです。

seveneleven-1pun-omori-source-yakisoba2019-06-17-01-730x410[1]

Mさんも1分間商品を3分間待ってしまいました。



3分間待つことに慣れているので、その間に他にやることがあるわけです。



見栄を張らないでください。



3分間お湯を入れたカップの目の前でじっと待っている人は、Mさんのようなよほどのヒマ人くらいです。



うっかり3分間待ってしまっただけと推測します。



法律で3分間待つことを定めれば、今回のようなミステイクはなかった、とMさんはおっしゃいました。



そんな大げさなことはできません。



カップめんを3分間前に食べたとして、どんな罰則の適用があるのですか?

スポンサードリンク

にほんブログ村 OL日記ブログ お気楽OLへ 人気ブログランキングへ