近年は散骨が増えています。


散骨は海洋葬と呼ぶそうですね。


我が家の母親は散骨を望んでいます。


父親は高沢家のお墓があるのだから、そこに納骨してもらおうと説得しています。


どうなんでしょうね。


日本のお墓文化はもう古くね?


300年後、400年後の末代のことを考えると、そこにまだ高沢家のお墓が存在する保証はありません。


散骨してもらったほうが安心のような気もします。


我が家は葬儀屋の互助会に加入しています。


実際に海洋葬は増加傾向にあります。


下は5万円から上は27万円まで、海洋葬のプランはあります。


散骨といっても、めったやたらに海に散骨できるわけではありません。


ちゃんと散骨できる場所は決められています。


1か所ではありません。


数か所ございます。


そこから散骨場所を選択するわけです。


墓地ではなく墓海?


わたしも散骨希望です。


死語の世界などないと思っていますから、海に散骨してもらって安らかに眠りたいですよ。


Mさんも散骨希望です。


オメーの骨粉を海にばら撒いたら、海の生態系が崩壊します。


宇宙葬にしてください。
スポンサードリンク

にほんブログ村 OL日記ブログ お気楽OLへ 人気ブログランキングへ