企業では営業担当社員に携帯電話の貸し出しをしているケースが少なくないです。


弊社はそれをしていません。


別途通信通話料として、5千円を支給しています。


この5千円の基準は昔のガラケーの料金プランに基づいたもので、かけ放題プランが主流になった今にそぐわない手当と考えます。


ぜんぜん見直ししていないんですよね。


実にいいかげんです。


今日の話題はガラケーの話題ではありません。


iPhoneの普及率です。


日本国内におけるiPhoneの普及率は相当数と聞きます。


にもかかわらず、弊社のiPhone所有者は2%くらいしかいません。


androidのスマホが圧倒的かといえば、そうでもありません。


ガラケー所有者が70%超です。


スマホ所有者が30%にも満たないのです。


ひょっとしたら2台持ちなのかしら?


iPhoneはもっと普及していると思うのですけど、都会だけの現象ですか?


どうもしっくりこないんですよね。