Mさんは大阪出張時に回らないお寿司屋さんに行きました。


めずらしいですね。


回らないお寿司屋さんに入ることに、恐怖感はありませんでしたか?


弊社では泊りがけの出張は、昔から宿泊代と飲食代は経費で落とすことができます。


宿泊代はOKとしても、飲食代はどうなのでしょうか?


ちょっと疑問です。


Mさんは回らないお寿司屋さんのカウンターで、まずマグロの握りを2貫注文しました。


すると、マグロの握りが4個提供されました。


Mさんは4貫頼んでいないと激怒しました。


本当におバカっちょです。


貫は本来分量の単位です。


一貫が約50グラム弱です。


平均的な握り寿司2個ぶんがこの重量に相当します。


そこでお寿司一貫を頼めば、握り寿司2個が提供されるのです。


今ではお寿司一貫は握り寿司2個が常識になってしまいました。


ネタが大きければ、一個を一貫として提供するケースもあります。


一貫で2個の場合もあれば、1個の場合もあるわけです。


要は貫は分量の単位ということです。
スポンサードリンク
にほんブログ村 OL日記ブログ お気楽OLへ