先週のキャビアの続きです。

キャビアが瀬戸内海の海底に繁殖しているのなら、チョウザメの卵は何?

Mさんの回答です。

Mさん「チョウザメの卵は蝶の卵だ」

わたし「・・・・・・・・・・?」

Mさん「チョウザメとは、蝶のような羽のあるサメで、空を舞うサメのことだ」

わたし「チョウザメは蝶なの?サメなの?」

Mさん「今の段階ではどちらとも言えない。ただ、産卵期になると、雌の蝶ザメは木に卵を産みつける。よって、蝶ザメは昆虫類という説が有力だ」

真顔で話すMさんが、なんだか偉大な人物に見えてきました。

蝶のような羽のあるサメが空を飛んでいたら、それこそ円谷プロの怪獣です。

よそで喋らないほうがいいですよ。