情報の共有という名目で、個人情報を全社員にオープンしている企業が数多くあるような気がします。


いいのかな?


個人情報保護というのは担当者がその企業を退社しても守らなければならないのがルールです。


墓場まで持っていくべきものと考えます。


ご家族にだって軽率に漏らしてはいけない性質のものです。


依願退職なら顧客の個人情報が漏れるリスクは低いでしょうけど、解雇の場合は自暴自棄になり同業他社に漏らすリスクが高そうですね。


大量の個人情報をお土産に同業他社に高待遇で転職というケースもありそうです。


弊社のような法人顧客がメインの場合は個人情報漏洩のリスクはありません。


法人顧客の情報は可能な限り全社員で共有すべきものと考えます。


保険会社や保険代理店のような個人顧客が多い業種はどうなの?


ふと考えてしまいました。


情報の共有という名目で、社内で個人情報のキャッチボールをしてそうな気がしました。