大学の通信教育最大手といえば法政大学通信教育部でしょう。


古い歴史もあり、現役学生数も卒業生数もダントツです。


通信教育部は一般の入試制度と異なり、入学検定試験はありません。


ほとんど書類審査で合否を決めます。


入学審査に必要な書類は、新入学にしろ編入学にしろ、最終学校時代の卒業や成績を証明するものさえ提出すれば、要件を具備したものとして、ほとんど入学を認められます。


Mさんは大卒資格を得るために、この法政大学通信教育部への入学を決めましたが、提出書類で悩んでしまいました。


自動車学校時代の卒業証書も成績証明書もないのです。


そこでMさんは悩んだ結果、運転免許証のコピーを入学願書に添付しました。


運転免許証は自動車学校の卒業や成績を証明する代替になるとお考えなのでしょう。


さあ、合否の結果はいかに・・・・・。