先日に引き続き村上春樹1Q84に関するお話です。

1Q84は3部構成の長編小説です。

Book1Book2Book3と分かれています。

会社帰りに書店に足を運んだところ、1Q84は確かにありました。

でも、なぜかBook1だけが完売なのですよね。

不思議です。

10話完結の連続テレビドラマでも、最初の3話だけ観て満足する人がいるでしょうか?

普通は3冊まとめて購入するものじゃないでしょうか?

わたしの推察では、村上春樹1Q84は話題性ばかりが先行してしまっているので、とりあえずBook1だけ読んでみて、気に入ればBook2Book3を読んでみようという人間心理だと思います。

MさんはBook1完売の理由を、Book1はおもしろいが、Book2Book3はつまらないからだと豪語しています。

Book1Book2Book3でひとつのストーリーなのですよ。

前編ばかりがおもしろくて、中編と後編がつまらないストーリーなんかあるでしょうか?

それに、Book2Book3が売れ残っているのは、読まれていない証拠です。

読んでもいないBook2Book3の内容がつまらないとどうしてわかるんですか!!


ランキング参加中コチラブログランキング