この夏、火遊びに興じた人たちも少なくないでしょう。

火遊びは夏の旅先が多いこともデータとして出ています。

んふっ・・・・・・・・・・。

火遊び・・・・・・・・・・。

なんとなくぞくぞくします。

友達のT子は「いつなんどき誰の○○○でも受ける」と豪語しています。

「いつなんどき誰の挑戦でも受ける」と豪語していた格闘家がいましたけどね。

T子の今夏の火遊び経験は何人くらいなのかな?

でも、女の子にとって火遊びの危険なところは、妊娠や病気です。

「いつなんどき誰の○○○でも受ける」T子は、常にコンドームを持参しています。

女性専用のフェミドームもあるのですけど、コンドームがいちばん安全みたいですね。

火遊びにコンドームは必需品です。

でも、本当に盛り上がっちゃったら、そんなヒマないよね。

あれ着用する瞬間は、ちょっとインターバル置くことになって、火の勢いが多少弱まって、ちょっと興ざめしますよね。

Mさんは火遊びをする時は、必ずバケツいっぱいの水を持参するそうです。

いやだな・・・・・。

また、変なおじさんの変な勘違いです。

あの最中に水汲んだバケツをそばに置く人なんかいません。

一度燃え上った炎を消すのは、水ではなくナニですよ。