受精卵は人間の体温で孵化するのか、Mさんは実験しました。


実験といっても、Mさんが自分の体温で受精卵を暖め続けたのです。


結果、孵化しました。


かわいいヒヨコが産まれました。


黄色くてまんまるい羽毛のボールに小さなくちばしがあるかわいいヒヨコです。


その日から、Mさんとヒヨコの生活が始まります。


ご飯もお風呂も寝る時もヒヨコといっしょです。


3日後・・・・・。


ヒヨコと並んで昼寝をしていたMさんが寝返りを打った瞬間、ヒヨコはMさんの体重でぺっちゃんこになってしまいました。


ヒヨコは黄色くて丸いピザのキジのような平べったい形になりました。


Mさんはそれをしばらく眺めた後、ベーコンとポテトとチーズを乗せて、オーブンで焼いて食べてしまいました。