T君はE子さんとデートしました。



Iさんに促され、重たい腰を上げて、御殿場まで会いにいきました。



E子さんは藤枝市出身で、現在は御殿場にある勤務先の病院の独身寮住まいです。



初めてのデート場所が、その独身寮なのです。



いきなり初対面の男性をひとり暮らしのお部屋に迎え入れるE子さんの神経が理解しかねます。



T君がどんな危険人物かわからないんですよ。



T君の風貌は暴力を振るうような危険性はありませんが、明らかに変質者です。



男慣れしているのかな?



E子さんは自慢げに10代の頃のアルバムを見せてくれたそうです。



今とは似ても似つかない別人のような風貌に、T君は一瞬引いてしまいました。



どう見ても普通じゃないんです。



ヤンキーそのもの。



アルバムは数冊もありました。



ほとんどがヤンキー仲間複数の男連中と抱き合っている写真集なのです。



それがE子さんの宝物でもあります。



これから交際が始まるかもしれない男性に、そういう写真を自慢げに見せるかしら?



E子さんはT君に写真集の感想を求めました。



T君は感激して「ありがとうございます」とお礼を言いったそうです。



よくわかりませんね。



E子さんが自分とは違う別世界の女性に見えたのです。



自分には手の届かない別世界に住む女性です。



良家の姫君じゃないんですよ。



こんなわたしでも好きなってくれるかしら?



という可憐な女心から見せた写真集であればいいんですけどね。



大きなどんでん返しが待っていそうな予感がします。